ベビーシッターとは保育士のような専門の資格を所有していなくてもできる仕事です。
海外では日本よりもこの仕事の需要が多く、お金持ちの家庭ではベビーシッターを雇っています。
その他にもお手伝いさん、いわゆる家政婦のような仕事もあり、兼業で行っているという人も珍しくはありません。
両親が共働きという世帯が増えている今、日本でも注目されている仕事であり、今後さらに整備していくことが期待されている制度でもあります。

ベビーシッターと他の仕事は兼業可能?

ベビーシッターと他の仕事は兼業可能? ベビーシッターだけの収入は一般的にはそこまで高くはないので、他の仕事との兼業を考えている人が多いです。
ベビーシッターは赤ちゃんや子供のそばにずっといなくてはいけない仕事です。
そのため、仕事の依頼が多い日中は他の仕事をすることは出来ないです。
なので、フルタイム勤務の会社員などをしながら兼業でベビーシッターを行うのは非常に難しいです。
主婦がパートとベビーシッターの二つを同時に行うのは不可能ではないですが、肉体的、身体的な疲労を考えると簡単ではないです。
パートが午前中のみで、午後は自由に時間を使えるの出れば、十分兼業は可能になるでしょう。
働き方を自由に選べる環境であれば、複数の仕事を掛け持つということもできます。

副業としてのベビーシッター

副業としてのベビーシッター ベビーシッターの発祥の地はイギリスですが、この職業をチャイルドナースと呼称し、ベビーシッテングのプロとなるための教育も整備される形で発展していきました。
日本におけるベビーシッター制度は特段の規制もなく、両親が乳幼児を置いて外出しなければならない際の苦肉の策として手数料を払って乳幼児の面倒を見てもらうというビジネスが成り立ってきたのです。
規制がないということは、この業務に自由に参入できるという裏返しにもなるわけですが、事故・事件の温床になることも懸念され、事故の事実も報告されている現実はあります。
この業務を展開する際のポイントとしては、所属するベビーシッターが相応の教育を施された事故とは無縁の良識ある専門家であることをアピールしていく必要があるようです。
公的保育施設に乳幼児を預ける際の障壁の高さが毛嫌いされ、個人で開業したり、運営機関に登録したことにより、副業含みで開業したりスキマ時間を利用する形でベビーシッターの業務に従事し報酬を得る、ということが簡単にできるようになってきているといえるのです。
ユーザーの側で嫌うことは、事故がないようにという一点のみで、ピンポイントで利用できる利便性が期待されていますから、今後も副業としては魅力あるマーケットとして成長していくに違いないことでしょう。